料金表

tel_inq.png

目安となる料金と、素材の特徴、そして医療控除についてご紹介しています。
歯の位置や状態などにより料金は変わりますが、
治療計画を立てる際には目安ではなく実際の料金をしっかりお伝えしています。

料金表 詰め物とかぶせ物

詰め物(インレー)
ハイブリッド 30,000円~(税別)
セラミック 50,000円~(税別)
金合金 60,000円~(税別)
かぶせ物(クラウン)
ハイブリッド 50,000円~(税別)
ジルコニア 120,000円~(税別)
e-max 120,000円~(税別)
メタルボンド 100,000円~(税別)

詰め物とかぶせ物の素材について

保険で使用できる素材

硬質レジン前装冠

表面はプラスチックで、内側に金属を使って補強しており、かむ機能には問題ありません。
数年で変色やすり減りが起こってしまう可能性があり、歯ぐきが黒ずむ場合もあります。金属を使っているので、金属アレルギーの方には向かない素材です。

パラジウム合金

一般的に銀歯と呼ばれるものは、この素材で作られています。かむ機能に問題はないのですが、お口の中で目立ってしまいます。
また、金属素材ですので歯ぐきが黒ずむ可能性があります。もちろん金属アレルギーの方には向きません。

自費治療で使用できる素材

オールセラミック

セラミックのみで作られており、透明感のある自然な白さを実現できます。変色しないので自然で美しい色合いを長く保ちます。
金属を使っていないため歯ぐきが黒ずむ心配がありません。もちろん、金属アレルギーの方も安心してお使いいただけます。

ジルコニア

ジルコニアは人工ダイヤモンドのセラミック素材であり、自然な白さという点で優れています。また、金属と同じくらいの曲げ強度を持っているため薄くすることができ、歯を削る量を最小限に抑えることができます。
金属アレルギーの方も安心でき、歯ぐきの黒ずみもありません。

e-max

ジルコニアにさらに審美性の高いセラミックを重ねた素材です。
より自然な透明感を実現できます。

メタルボンド

金属にセラミックを焼き付けた素材です。
金属の強さとセラミックの美しさを併せ持ち、変色しにくく、自然で美しい色合いを長く保ちます。
ただし、金属アレルギーの方には向かない素材であり、透明感は劣ります。また、歯ぐきが黒ずむ可能性があります。

ハイブリッド

プラスチックとセラミックを混合した素材で作られており、金属アレルギーでも安心してお使いいただけます。
色合いや美しさも優れており、歯ぐきの黒ずみもありませんが、変色しやすさではオールセラミックやジルコニアに少し劣ります。

入れ歯

金属床

薄く、熱を伝えやすいため、食事の時の違和感が少なくなっています。
壊れにくい点も優れています。金やチタンは身体に悪影響の少ない、優しい金属素材です。

コバルトクロム 300,000円~(税別)
金合金 450,000円~(税別)
チタン 500,000円~(税別)

マグネット義歯

アタッチメント1装置 50,000円~(税別)

ずれにくく、外れにくい装置です。

ノンクラスプデンチャー 100,000円~(税別)

バネがなく入れ歯であることがわかりにくい義歯です。

医療費控除について

  • 1年間に10万円以上の医療費を支払った場合、収めた税金から一部が戻ってくる医療費控除という制度があります。
    歯科医療を受けた費用も、もちろん医療費として控除を受けることができます。
    もし申告を忘れていた場合でも、5年間さかのぼって申告することが可能です。
  • 生計が一緒であれば同居してない家族の医療費を合算し、夫や妻のどちらでも申告することが可能です。
    その際、所得が多い方が申告すると、還付金の金額が高くなる場合があります。
  • 医療機関から受け取った領収書や通院にかかった交通費を申告できますので、領収書はしっかり保管しておきましょう。
  • 医療費控除は税務署で確定申告する必要があります。
    詳しくは税務署などにお問い合わせください。
歯医者ガイドClinic Blog
TEL:03-3396-6641